検索
  • 月うさぎ

桜の花と「自律神経」

最終更新: 2019年6月20日

かけがえのない『あなた』へ☆


こんにちは!

桜の花が、綺麗です。



桜の花と「自律神経」

数十本の桜がある、近くの公園。

この時期、

たくさんの桜の花に囲まれていると、

『開け!』『咲け!』とでも言うような、

自然のエネルギーが、

花だけでなく、人にまで呼びかけているように感じます。



「自律神経」には、交感神経と副交感神経があります。

 ・交感神経は、興奮や緊張の神経 (昼間は、交感神経を優位に)

 ・副交感神経は、リラックスさせる神経 (夜は、副交感神経を優位に)


「自律神経」は、昼間と夜だけでなく、季節によっても変化しています。


「【春】 暖かくなり、副交感神経が活発に

 【夏】 晴れの日続きで、さらに副交感神経の働きがアップ

 【秋】 涼しい空気とともに、交感神経が活発に

 【冬】 寒さに備えて、さらに交感神経が活発化 」*


高齢の母が、春先と秋の初めに、体調を崩します。

季節による「自律神経」の働きの変化に、関係がありそうです。


そして、

「…気圧と気温の変化によって、自律神経と血管の状態は変化する…」*

例えば、気温が上がり、副交感神経が活発になると、血管が広がってきます。

それが、冒頭の『開け!』という呼びかけとして、感じられたのでしょうか。。。(笑)



*「カラダが変わる!自律神経セルフケア術」(NHK出版 2018年刊)、一部読点は引用者。



【関連記事】

◇自律神経とセルフケア〈「自律神経」の一日の働き〉(2019.2.12)こちらから




しだれ桜(4月5日撮影)

《桜の花芯》

ピンク色と、そうでないものがあります。

散り始めるころには、ピンクに色づくのだそうです。


*****************

月うさぎ

*お問い合わせは、お気軽に! 

『こちら』から

(HP下部のお問い合わせフォームへ)


『からだ』ゆったり

『こころ』ほんわか

明日の元気につながります。

*****************

13回の閲覧

​© 2019 by 月うさぎ